前へ
次へ

不動産売却で陥りがちなこととは

不動産売却では仲介となる不動産会社にまず査定を依頼します。納得がいけば媒介契約を締結することになりま

more

不動産売却をした方がよい人をお教えします

不動産をもっていても、税金や、維持費などが結構かかります。そこで、不動産売却をした方がよい方をお教え

more

不動産売却をするメリットとデメリット

不動産売却を行うメリットは何かというと、まず現金化する事が出来るという点です。その為何か大きな買い物

more

不動産売却時に必要とする税金と税率

不動産売却を検討するなら、売却時に必要となる税金の種類を理解しておくことが重要です。税率まで理解しておくと売却した後で利益からどれくらい差し引かれるのか推測しやすくなります。購入時よりも税金の種類は少なくなるため、事前に確認をしてから用意しておくことを忘れないようにしましょう。まず不動産売却時の利益へ課税される税金は所得税・住民税・復興特別所得税です。所得税は不動産売却により個人が所得を増やしたことによって課税される税金で、不動産売却費用から購入時に支払った金額と売却時の諸経費を差し引いた金額へ課税されます。譲渡所得税とも呼ばれており、ある程度が遺産の費用を知っておきたいなら不動産業者へ相談して課税額のヒントをもらうことが重要です。住民税は住んでいる地域に納める税金で、不動産売却した物件のある自治体へ支払うわけではありません。あくまでも支払うのは自分が住んでいる土地の自治体へです。それ以外には復興特別所得税が必要となります。復興特別所得税とは、2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間導入されている税金で、不動産売却するときの所有期間により税率が変わるのも特徴の一つです。所有期間が5年未満の場合は所得税が30パーセント・住民税が約10パーセント・復興特別所得税が約0.63パーセントとなります。対して5年以上保有していた不動産物件を売却した場合、所得税が15パーセント・住民税が5パーセント・復興特別所得税が0.315パーセントほどです。転売目的の不動産売買には高い課税が強いられることとなるため、不動産売却時には慎重に判断することが重要となります。これ以外に必要とされる税金は印紙税・所得税・登録免許税です。印紙税は不動産物件の金額に応じて税額が異なり、千円から6万円まで不動産額に応じて契約書などに貼付されます。登録免許税は抵当権抹消などローンの完済など様々な事情で必要とするときに必要です。消費税は不動産売却時に10パーセントの費用が必要となりますので、注意が必要といえます。

県内ど真ん中!おすすめの土地
塩竈市は宮城県のほぼ中央です。
人気が高い地区のため、不動産売却価格が高くなっています。

名取市で広い庭付きの不動産売却を募集
ファミリー向け住まいの売却は、専門不動産会社にご依頼しましょう

広くて何もない家なので引っ越したい
宮城で今の家を手放す際は、永大ハウスにお電話ください

Page Top