春と秋の花粉症に注意する女性

花粉症によるアレルギー薬の成分とは

 花粉症の仕組みとして、アレルギーの原因物質のひとつであるヒスタミンが肥満細胞から出て人体を刺激することで血管拡張・血管透過性亢進作用などにより、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなど多くの不快な症状を引き起こしています。そのため、花粉症用のアレルギー薬ではこのヒスタミンを抑える働きが主な目的となり、内服薬として薬局などで市販されている薬はほとんどが抗ヒスタミンを薬効成分としています。 そのため、アレルギー薬の分類も抗ヒスタミン成分の有無による区分が一般的です。前者は塩基性抗アレルギー薬と呼ばれ体内の受容体でヒスタミンと競合し、薬品としてはアレジオンやアレグラなどが有名です。一方、後者は酸性抗アレルギー薬と呼ばれ、薬品としてリザベンなどが用いられています。
 アレルギー症状の鎮静薬として広く使われている抗ヒスタミン薬ですが、抗ヒスタミン成分はヒスタミンの発生そのものを抑えるため、花粉症の予防効果を期待することができます。また、抗ヒスタミン剤は即効性があるのが特徴ですが、6時間程度の持続性しかないため、長時間の薬効を保つためにカプセル状に整形して12時間程度まで薬効を持続させる手法も取り入れられています。
 抗ヒスタミン薬の副作用に注目すると、服用に伴って眠気・口の渇き・倦怠感などがあります。ただし、抗ヒスタミン薬にも成分によって二つに分類され、ポララミンなどに代表される薬剤は第一世代抗ヒスタミン薬として副作用が比較的強い位置づけになっています。それに対し、現在は前述のアレジオンやアレグラなどが第二世代抗ヒスタミン薬として登場し、眠気などの副作用を抑えつつアレルギー症状の緩和がなされています。