春と秋の花粉症に注意する女性

虫刺されや花粉症の薬は薬剤師に聞く

今は、市販薬が色々な薬が発売されています。その中には、実は薬剤師さんに聞いて購入した方が良い薬があります。それは、虫刺されや花粉症の薬です。まずは、虫刺されの薬です。これはかゆみを止める為の塗り薬であっても同じです。実は、かゆみ止めなどは普通の炎症などを抑える薬と、アレルギーなどに使われるステロイド剤という物が配合されている物があります。ステロイド剤は、大変良く効きますから好まれる方も多い様のです。しかし、実際にステロイド剤はとても強い薬になります。症状が強く出て、早く治したい強いかゆみや、酷い状況の時のみ使うのが良いと言われています。出来れば、ステロイド剤に関しては副作用も強い事からお医者様の指導の元に使うのが好ましい物になります。市販薬でも配合されている物もありますが、特別な時以外は使わない方が良いと言えます。また、花粉症の薬にはアレルギーの薬と同じものです。場合によっては虫刺されが酷くなった場合にも、服用する事もあるでしょう。この花粉症の薬は、抗ヒスタミン剤という物が主流になっています。ヒスタミンの受容体に、ヒスタミンが結合するとかゆみなどが出てきます。それを防ぐ為に、受容体を先にガードしてしまうという作用を持つ薬になります。これは、ヒスタミン受容体を、薬による物質を使いガードすることによって強い眠気が発生します。たかが花粉症の薬と思うかも知れませんが、集中力を必要とする作業や、命に関わる仕事をされている方には抗ヒスタミン剤を使う事は好ましくないと言われています。当然ながら、職業ドライバーの方や、長距離運転をされる際も危険な為に飲まない方が良いと言われています。抗ヒスタミン剤とは違う花粉症薬もは売られています。そんなことから、薬剤師さんに相談して薬選びをしてみてください。