春と秋の花粉症に注意する女性

衛生面に注意し花粉症を免疫遺伝学的に治す?

春と秋は、花粉が飛びやすい時期なので、花粉症の方々は悩まされてしまいますが、同時に風邪が流行しやすい時期でもあるため、見分けがつかないとお悩みの方は多いものです。
風邪と花粉症では、見受けられる症状が似ているとされていますが、実は明確に違いが生じるので、違いを見逃さないことが大切です。
明確な違いの一つとして、目の痒みが挙げられます。
目が痒くなるというのは、風邪ではまず見受けられない症状です。
花粉症というのは、花粉が直接的に目に付着するため、目が痒くなるのです。
風邪のウイルスが目に付着したとしても、目に痒みを伴うことはないので、目が痒くなったらまずは花粉症を疑いましょう。
次に、咳が挙げられます。
風邪では、よく見受けられる症状であるものの、花粉症の場合喉に若干の違和感を覚えても、咳が出ることはありません。
ただし、一切咳が出ないということはなく、多量の鼻水が喉に落ちた際に喉が鼻水を排除しようとし、咳が出ることはあります。
そして、発熱があります。
風邪の場合、ウイルスと免疫力が戦うので、発熱が伴います。
ところが、花粉症の場合、ウイルスではないことから、発熱が生じることはありません。
風邪では、よく見受けられる頭痛も花粉症では目立つ症状ではありません。
ところが、症状が重い方には頭痛が見受けられるようで、頭痛があるから花粉症ではないと決めつけるのは良くないでしょう。
花粉により、頭痛が起きるのは、鼻づまりにより脳に届く酸素が少なくなることで、血管が狭まるためです。
解消させるためには、鼻の通りを良好にさせてあげることが、大切です。
さらに、悪寒や嘔吐、下痢といったことは風邪では定番ですが、花粉の場合まず起こりません。