前へ
次へ

不動産売却をした方がよい人をお教えします

不動産をもっていても、税金や、維持費などが結構かかります。そこで、不動産売却をした方がよい方をお教えします。まず、空き家を所有している方です。空き家を所有していても維持費がかかるだけでなく、掃除や手入れなどがされないために経年劣化を早めてしまう可能性があるからです。災害の時などは空き家の場合倒壊の危険がある他、不審者が出入りする可能性があるからです。防犯上から考えても不動産売却をした方が良いです。それから次は、競合不動産の環境が良くない場合です。エリア相場の価格が安ければ同等、もしくは低価格で売却をしなくてはならない状況になります。そうなる前に不動産売却をしておく事で損をしない売り方が出来ます。それから、不動産売却は譲渡取得税を節税したい場合、相続税申告期限でもある相続が発生してから10か月後の翌日から3年以内であれば不動産売却をすることで税金を節税する事が出来ます。空き家があり困っている方や不動産を譲渡された方など、不動産売却をする事で節税をすることが出来ます。

Page Top