前へ
次へ

不動産売却は買取と仲介のどちらが得なのか

不動産売却をするときに、買取と仲介のどちらかを利用するケースが多いです。買取は不動産会社に依頼をすることで、不動産売却をすることができますから、基本的に不動産会社側から買取価格を提示されて、その価格に納得をした段階で契約が成立をします。買取価格は基本的に仲介で不動産売却をする場合よりも安い価格が提示される可能性が高いです。不動産売却で高値で不動産を手放したいと考えている場合は、不動産仲介会社を利用するのが安心できます。ただ不動産売却で仲介を依頼すると買い手を見つける流れがあるので、買い手が見つからないと不動産を手放すことができないです。人気の高い地域にある不動産であれば、不動産売却で買い手を見つけるのは難しくないですが、過疎地域などにある場合は時間がかかるかもしれません。不動産売却に出す物件が古いと、買い手が見つからないようなケースも多いので、普通に売却するのが難しい場合は買取を利用するのも賢い判断だと考えられます。

Page Top