前へ
次へ

不動産売却は相続の時にも出てくる

不動産売却をする場面は様々ですが、相続の時に不動産売却をする人もいます。相続の場合には、親の不動産が余ってしまうようなケースがあります。昔ならばそこに子供世代が住んだかもしれませんが、子供の世代が遠く離れて住んでいる場合やすでに住宅を持っている場合はその不動産売却をした方が良いでしょう。この場合不動産売却をするにしても、急ぐ必要はありません。しばらくは固定資産税が高くなるわけではないため不動産売却はじっくりと行うべきです。不動産売却をするにあたりデメリットがあるとすれば、最低の住宅は古い住宅でありあまり高値で不動産売却が出来ないことです。親の世代が住んでいた場合、頻繁にリフォームをしているならば別ですがそうでなければ築30年以上の住宅になっているはずです。例えば70代で親が亡くなった場合、おそらく40代かそれより前に住宅を建築したはずです。そうすると築30年から40年ぐらい経過しており、不動産売却で高値を狙うのは難しそうです。

Page Top