前へ
次へ

所有しているビルを高く不動産売却するコツ

自分がいま所有しているビルを不動産売却するのも可能です。テナントが入るビルは少々特殊なケースですが気を付ければスムーズに不動産売却できます。ビルを不動産売却する時のコツを理解しましょう。タイミングとしては金利が低いときが高く不動産売却するチャンスです。金利と利回りは連動しているので金利が低いと利回りも低いです。利回りが低ければ収益価格が高くなります。金利が低いとより物件の購入意欲が高まり買い手が見つかりやすいです。マイナス金利政策によりビルの価格は高くなっています。高く不動産売却するには空き室をテナントで埋めることが大切です。空き室があると空室の賃料を低く見積もられることがあります。もし空き室が埋まらないときはフリーレントを使いましょう。入居してから数か月は賃料が無料になるサービスです。テナントで埋まっていれば、買主も購入後に仲介手数料等を支払う必要もありません。ビルの不動産売却の相手は投資家です。投資家に購入を検討してもらうには詳細な情報をまとめておきましょう。検討する人が増えれば不動産売却価格も高くなっていきます。

Page Top