前へ
次へ

不動産売却のメリットとデメリット

不動産売却の一番のメリットは、使っていない不動産などを「現金化できる」ことです。現金化できれば、住宅ローンなどの完済に回したり、別の不動産を購入する資金にあてたりといった資産運用をすることができます。そして不動産売却をすると、「維持費や税金がかからなくなる」ということもメリットです。使っていない不動産でも、定期的なメンテナンス費用や各種税金がかかってしまいますが、不動産売却をすればその費用が不要になります。一方で、不動産売却のデメリットとしては、「一度売却した不動産を再び取り戻すのは難しい」ということが挙げられます。ですので、本当に不動産売却していい物件かどうかを慎重に考えることも必要です。さらに不動産売却は、「諸費用や時間がかかる」ということもデメリットだと言えます。売却には、不動産会社の仲介手数料や譲渡所得税などの費用が多くかかることがありますし、売却までにはある程度の時間がかかってしまうのが普通なので、その点も考慮しておきましょう。

Page Top